ガールズ&パンツアー 劇場版2015/12/06

本当は立川の爆音上映に行きたかったのだけれど、予約するのを忘れていたのでバルト9へ。
こちらも毎回ほぼ満席。既に公開3週目なのに「絶賛上映中」の煽りに偽りなし。

大画面で見る価値のある映像で、見終わった後にはなんだか幸せな気分になれる素敵な映画だった。
通常上映でも並の映画よりはずいぶん音量が大きい印象だったけれど、立川は一体どんな音が体験できるのか俄然興味が湧いてきたので、また見にいくことを考えよう。

劇場版のソフトの購入は確定したのだけれども、TV版はどうしようかなあ。
コレクション的な意味では欲しいけれども、今から通常版を集めるのはなんだか負けた気がする。
廉価版のBD-BOXが出ると嬉しいのだけれど。
とりあえずOVA買うか。

【追記】
立川の爆音上映に行ってきた。
確かに1ランク上の音響で面白い体験ではあったけど、劇場まで1時間もかけて移動した価値があったかと言われると微妙。
まあ、IMAXや3Dのように追加料金を取られている訳でもないし、通常料金内のサービスとしては文句はない。
映画本編もあと1回ぐらいは劇場へ行きたいと思うぐらいには気に入ったしね。

Sword Corst Adventures Guide2015/11/07

D&D 5版では初となるシナリオ集以外のサプリメント。
ソードコースト地方の地勢と歴史、代表的な都市のいくつかは地図つきで解説あり。
4版時代のあれやこれやは、逆位相のイベントがあれこれ起きた結果だいたい「なかった事」になりました。
ミスタラ様も無事復活して織も復旧、3版以前の日常が戻ってきた感じ。
(……それはそれでどうなんだろうかという気がしなくもない)

全体の8割がたは読みもので、PCが強くなる要素はあまりない。
ウィザードアーキタイプのブレードシンガーは割と夢があるけれども、hpがどうにも足りない。
普段はウィザードの立ち位置でおいしい所だけいただくために、たまに前衛へ行くような立ち回りが許されるなら輝けるかも。
呪文の追加は前衛で頑張る人向けの初級呪文のみだけれども、どれも割と強い。
魔法剣士を志す者なら抑えておきたい。

Magic Tracpad22015/10/22

旧型を使用しているのだけれど、平らな平面の上で使用しないとまともにクリックできないのと、電池交換が面倒(充電池を使ってはいるものの)という、微妙にストレスを感じていた点が解消されるらしいということで発売初日に衝動買い。
買ってからEl Capitanが必須だと気付くマヌケっぷり……。

アップデートの準備やらで手間取って、ようやくセットアップが完了。
Lightningケーブルで接続するとBTのペアリングが行なわれ、利用が可能になる。
ちなみに、Lightningケーブルで直結されている間は、USB接続のトラックパッドのように見えるようで、この状態ならYosemiteでも最低限の動作はする。
(マルチタッチ関連は全く動作しないので実用的ではない)

Magic Tracpad2を認識すると環境設定のトラックパッドの項目にForceTouch関連の設定項目が増える。
・「調べる」アクションを従来の3本指タップか、強くクリックのどちらに割り振るか
・クリックを感知した際に、Tracpadのスピーカーからクリック音を再生するか
の2点かな?

Macbook12のように、3本指タップと強くクリックの両方に「調べる」を割り付けることはできないぽい。
強くクリックに割り付けた場合、従来のTrackpadから「調べる」方法は多分ない。
まあ、両方を併用するメリットは無いと思うので実害は無いか。

旧型よりもガラス面が広いので、設置スペースを食う他は違和感なく使えている。
本体色がプラスチック的な白なので、本体やキーボードのアルミ地のソリッドさから浮いているような気がしなくもない。

七森中♪やがいふぇす2015/06/06

いってきた。
~さみっとに続いて、キャストにごらく部の4人しか表示がないのに「七森中~」になっていて、もう生徒会メンバーを呼ぶ気は無いのかと思っていたら、MCで登場してびっくり。
咲さん可愛いよ。
歌はアンコール締めのゆりゆららららゆるゆり大事件を1コーラスだけ参加だった。

小雨が降ったり止んだりはしていたけれど、本格的に降らなくて良かった。

D&D 5th edition DMG & MM2014/12/15

届いた。

気になっていたマジックアイテム周辺だけ流し読み。

やはりと言うか、3版~4版及びPathfinderで類型となっていた、上から下まで予算と装備スロットの許す限りマジックアイテムにまみれたPCは推奨されない模様。
標準資産では4レベルまで所持しているマジックアイテムは無し。
これはこれで潔いか。
「魔法の武器としてダメージ抵抗を貫通する」クラス特徴が光るね。

収録されているのは3版系の「いつものアレやコレ」ばかりで、目新しいものはあまりない。
ひとつひとつのアイテムのパワーは(3版系の印象からすると)割と大きい。

ファイナルワードことソード・オブ・アンサリングが9本の固有名まで含めて収録されているのが嬉しい。
固有名が活字になるのは2版以来で、20年ぶりぐらいの出来事のような気がする。

あとはウォーロック用のアイテムが数点追加されたぐらいか。
やはり、砲撃ビルドのウォーロックは鬼強い気がする。アーチャーは好きじゃないのでやらんけど。

サンブレードがライトセイバーなのは以前からだっけ?

今回のDMGのマジックアイテムの項は武器防具、ワンダラスに過去の下級アーティファクトまでまとめてアルファベット順に載っているので検索性が悪い。
(いわゆる上級アーティファクトだけが「アーティファクト」として別項になっている)